仕組みを知って儲ける、太陽の光でどうして電気ができるのか?

そもそもどうして光で発電出来るの?

日光を浴びるだけで発電出来てしまう太陽光パネルには、どうして太陽光だけで発電出来るの?という疑問を持たれる方も多いと思います。
実は、太陽光パネルでの発電は、太陽光エネルギーをそのまま電気エネルギーに変える事によって行われています。より具体的には、パネルが太陽光を浴びる事により、パネルに塗布されているシリコンにプラスとマイナスの電子が生まれ、その電子がプラスとマイナスそれぞれの電極に引き寄せられることによって電気が流れる、という仕組みになっています。電気の流れる強さは、浴びる太陽光の強さに比例します。ですから、太陽光発電を行う場合は、日当たりの良さやその日の天気に少なからず左右される事を念頭に置く必要があります。

太陽の光で発電することのメリットとデメリットをよく知ろう

太陽光発電は、太陽光のエネルギーを直接電気エネルギーに変える事の出来る発電方法です。太陽光パネルを設置すれば、後は太陽の力のみで発電した電気を使うことで、電気代を節約する事が出来るのが最大の利点です。発電した電気は蓄電池で溜めておき、余った電力は電力会社に売る事で、ちょっとした副収入を得られるのもポイントでしょう。
しかし、太陽光発電は、裏を返せば太陽光がなければ発電は出来ないという事になります。発電は常に天気や太陽の位置に左右されます。そのため、常に安定した発電は見込めないというデメリットがあります。また、設置時に関しては勿論のこと、設備のメンテナンスにも費用がかかります。それらの費用を考えて、発電で得た電気を売って得られるお金は幾らになるのか、メンテナンス費用には幾らかかるのか、についても、設置前によく考える必要があります。