電気代がお得になるって本当!?

太陽光発電を導入すると電気代が安くなる理由

太陽光発電は太陽の光を電気エネルギーに変換してくれる装置でもあるソーラーパネルが要となります。
ソーラーパネルを設置すると、日中は発電が行われる、発電した電気は住居内で利用出来る、余った電気は電力会社に売電されるため、電力会社から供給される電気は使わないので電気代が安くなりますよね。
更に、買電単価と言うのは電気使用量が少なくなると安くなるので、発電出来ない夕方以降から早朝にかけての電気代が安くなり、一か月間の電気代は発電設備を導入する前よりも安くなるわけです。
ソーラーパネルが要になるのが太陽光発電ですが、総発電量が1kWを超えた場合には太陽光発電の投資を行えると言うメリットもありますが、1kWを超えた場合は全量買い取りになります。

全量買い取りの場合は買電のみとなります

太陽光発電の投資は全量買い取りになるため、住居内で使う電気は電力会社からの送電によるものとなります。
そのため余剰電力を買取りして貰うのと比べた場合、理屈的に言えば電気代が安くなる事はありません。
しかし、太陽光発電の投資と言うのは地球環境を守れるなど、貢献出来ると言う魅力があり、電気を利用する意識が変わって来ると言われています。
簡単に言えば、太陽光発電で投資を始めると、電気の無駄遣いを無くすなどの意識が強くなり、トイレの電球のワット数を減らして電気を節約しよう、使っていない時の電源コンセントは抜いておいて待機電力を減らそうと言った意識が高くなり、結果的に電気代が節約出来ると言うメリットに繋がる事もあるのです。